結婚式に招待されたら…注意したい女性の服装マナー

最重要ポイント!服装の色

結婚式で、花嫁のウエディングドレスを連想させる白を着用するのは絶対にやめましょう。また、お祝いごとの席なので黒も避けます。あくまでも目立つべきは花嫁なので、華美すぎず、主役を引き立てるような色を選びましょう。光沢がきつすぎるものや柄が激しいものは下品な印象を与えてしまいます。女性らしく優しい色のベージュやピンク、水色などのパステルカラーなどを選ぶと、幸せなの場の雰囲気になじむことができるでしょう。

足元にも気遣いを忘れない

気を抜きがちな足元ですが、昔から靴を見ればその人がわかるといわれるように、大切なポイントになります。女性の場合はヒールの高さがあるものを履くのが一般的です。ヒールのない靴はマナー違反ですが、長時間の移動や立ちっぱなしのパーティなどではで足に負担がかかるのも事実です。少し値段が高くても自分の足に合ったものを選ぶといいですね。また、いくら自信がある人でも生脚はNGです。ストッキングを着用し、予備もバックに一足入れておきましょう。

昼夜で服装を使い分ける

結婚式では昼と夜で適した服装が変わります。昼は肌の露出は避けるべきですが、夜は多少肩や腕などを見せても大丈夫です。その際にはショールやカーディガンを羽織ったドレスなどもよいでしょう。素材も、昼は上品な無地が好まれますが、夜は透けるような布をあしらったものや多少の光沢があるものを着用し、ワンランク上のおしゃれを目指しましょう。友人や親戚であるあなたのマナーは、花嫁や花婿の品格にも影響しますので、正しい服装で出席し、結婚式を盛り上げてくださいね。

ホテルウェディングを品川で開催したいならば、選択肢が豊富ですし、とても人気が高いリッチですから、ゲストの誰もが満足できます。

結婚式に招待されたら…注意したい女性の服装マナー