気配りがポイント!おもてなしを考えた結婚式で友人のイメージアップを

その進行、自分本位になっていませんか?

披露宴の進行、お色直しはビデオレターの上映等、あなたが外せないプログラムはたくさんあると思いますが、その全てを盛り込んだ披露宴を想像してみてください。出席者が退屈するようなプログラム構成になっていませんか?お色直しの間、新郎・新婦は高砂席を空けることになります。2回も3回もお色直しをして、長時間主役が留守にすれば、出席者はなんのために集まっているかわからなくなりますし、新郎・新婦に向けたビデオレターというものは、実は結構退屈です(素人が撮影しているので、完成度が原因かもしれません)。いずれにしても、出席者のことを考えたプログラム構成が大切です。

披露宴での下ネタはNG!それは二次会で

披露宴というものは、新郎・新婦をその親族が勤務先の上司や友人に対して、新たに夫婦となった2人を文字通り披露するためのものです。当然のことながら、勤務先の上司や場合によっては大切な取り引き先、子供を含めた両家の親族が勢揃いしています。そんな場で、ハートの強いあなたの友人が下ネタを披露した場面を想像してください。もうこれだけでいかに場違いかがわかってもらえると思います。おめでたい席ですので、悪ノリしてしまう気持ちもわかります。しかし、TPOをわきまえて、その気持ちは二次会で放出してもらいましょう。

注意!結婚式の内容って結構覚えているものです

「あの披露宴はこうだった」、「この前の二次会はここがよかった」など、結婚式の内容って、結構覚えているものです。特に、様々な結婚式に招待されてくると、あからさまに他の結婚式と比較されるようになってしまします。イメージのいい結婚式って、どんな結婚式か、それはズバリ「もてなされた」と感じた結婚式です。会場は豪華だが料理は質素、新郎・新婦の自己満足のようなプログラム構成では、出席者はいい印象は受けません。式の帰りに、「今日の結婚式は、いい結婚式だった」という印象を持ってもらうためには、出席者のことを考えて準備することが大切です。

天神の結婚式場の中には、大理石のチャペルを備えたところや、ドレスショップが併設されているところなどがあります。

気配りがポイント!おもてなしを考えた結婚式で友人のイメージアップを