知っておきたい!実は気になる裏結婚式事情

招待はどこまでするのが一般的>

式を挙げるにあたって、気になるのはどのくらいの関係の人まで呼ぶかではないでしょうか?付き合いや人間関係を憂慮する方も多いように思いますが実はそんなに心配する必要はありません。華々しい式を希望する人は大勢呼ぶのもいいですし、家族だけ、招待は親しい友人までにして会社の人はなんて人も少なくはないのです。上司や交流の乏しい同僚などに至ってはご祝儀がネックになって呼ばれないほうが助かると思っていることもあります。ただ、親戚や仲良く友人グループで一人だけ仲間はずれはNGです。

サプライズはほどほどに

招待客に内緒でサプライズを考えるのは楽しいですし凝った式は感動しますよね?しかしやりすぎは考えるべきです。特に誰かに突然何かを依頼するような参加型のものは注意してください。突然のことに臨機応変な対応ができる人ばかりではないことを忘れないようにしましょう。せっかく来てくれたお客さんにとって嫌な思い出になってしまわないか、客観的に考えてみることは重要です。思い通りにいかなかったからと新郎新婦が不機嫌になることだけはないようにしましょう。

余興は誰に頼めばいい?

結婚式に花を添えてくれる余興ですが頼む相手はよく考えてください。あくまでも二人にとって一生の思い出になる大切な式であることを理解してくれている人ですか?中にはお酒も入り幸せな雰囲気にどんな冗談も許してもらえそうだと気が大きくなって、羽目を外しすぎてしまう人もいます。祝福の気持ちを持って楽しい余興をお願いできる人にお願いしましょう。ちょっと危なそうだなと思うような友人が立候補してきたときには冷たく断るのではなく二次会の出し物を頼んでみると波風が立ちませんよ!

品川の結婚式場は東京からも神奈川からも行きやすいので、あちこちの地方からの参加がある方にはお勧めです。

知っておきたい!実は気になる裏結婚式事情