結婚式における席次表の完璧マニュアルをマスター!

おふたりをあらわす手作り席次表

結婚式の席次表というのは、出席者の方がどの席に座ったらいいのかを案内してあるもので、どのゲストの方を誰と同じテーブルにするか、人数に偏りがないようになどを考えるのは意外と難しいものです。そこで、そんな席次表の決め方のポイントをおさえて、マスターしちゃいましょう!式場のプランで、業者の方に依頼をする席次表などもありますが、ここでは手作りで席次表を作ろうとお考えの方に参考になる情報をご紹介いたします。

席次を決めるときのポイント

まず、呼びたい招待客はお決まりでしょうか?つまり、結婚式の招待状を送った人から、出席すると返信のあった方になります。席次を決める前に、どなたが出席するかを確認してから作業にとりかかりましょう。まず基本的名決め方は、新郎と新婦に一番近い席を主賓にするのが一般的名ルールです。その上座には主賓・恩師・上司・先輩・親しい友人・親族・両親という席になります。しかし、お子様連れの方やお年寄りは出入り口に近い席にするなどの気遣いは必要です。

席次の配置方法とルール

披露宴の広さや部屋の形・内装などによって、席次の配置方法には色々あるものです。一番オーソドックスな配置方法は、「ちらし型」や「くし型」と呼ばれるもので、くし型は大勢の招待客が居る場合の披露宴に適した配置方法で、新郎新婦から縦に長いテーブルを置くスタイルとなります。ちらし型は、新郎新婦の前に丸いテーブルを偏りのないように配置する方法です。招待客は、テーブルの人と会話しやすいので、和やかなムードになります。

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げる場合、3種類あります。訪れた人々からも祝福を貰える舞殿挙式、社殿の中で挙げる厳かな若宮挙式、幸せを象徴する篝火の中での幸あかり式、どれも良き伝統を実感できる素晴らしい式です。

結婚式における席次表の完璧マニュアルをマスター!